自動車ガラスコーティングを自分で行なう方法

自動車ガラスコーティングは愛車をきれいな状態で保持できることから高い人気がありますが、自分でも行うことができます。

但し、行う場合にはポイント抑えた上で手をかける必要があり、まず、丁寧に時間をかけて行うことが大切なことになります。

また、処理後にはある程度の時間、保護が必要となるために、できるだけ車庫の中で行う必要があり、処理中はほこりなどが付かない環境で始めることが必要です。
ガラスコーティングに使用するものとしては、一般的なものとしてカーショップなどでシリコン系タイプが販売されており、他にフッ素系タイプもありますが、この場合には価格も高くプロユースの商品となっています。
ガラスコーティングを自分で行なう場合には、まず、最初に洗車をし汚れを十分の取り除くことが重要となります。

千葉のコーティング情報をお教えします。

この場合には洗い残しが無いようにすることがポイントとなり、汚れを落とした後は、引き続き水をかけながらネンドを使用して全体を擦っていきます。

ここではざらつきなどが無いように手で確認をしながら行う必要がありますが、仕上にも大きく影響をする工程となるために丁寧に時間をかけて行うことが大切なことになります。

千葉のガラスコーティングを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

次に、超微粒子のコンパウンドを使用して、ボディ表面の細かな傷や汚れを落としていきますが、この場合においても、目視だけでは無く、必ず、手で触りながらの確認が必要になります。



また、集中して強くこすらないようにする必要もあり、時間をかけて行うことが大切です。終了後はきれいにふき取り、ボディに水分が完全に無い状態にします。
そして、コーティング剤を3~4滴スポンジやクロスに付け、丁寧に薄く延ばして塗っていくようにします。
ここでのポイントとしては塗りムラに注意をすることがあり、見る角度を変えて確認をしながら行うようにします。乾燥が確認できた場合にはマイクロファイバークロスを使用して拭き上げていき完了となります。